ITパスポート資格を取得すると年収、給与がどのくらい上がるか調べてみました

ITパスポートで年収、給与はアップする?

資格を取得することのメリットには自分のスキルを客観的に証明するということもありますが、より直接的に給料(年収)アップにつなげるということもあります。

 

特にIT系の資格の場合は、その資格がないと仕事が出来ないということは基本的にないので、給与アップ、年収アップが資格取得の大きなモチベーションになります。

 

そこで、ITパスポートを取得すると、どのくらい給料が上がるのかについて調べてみました。

 

資格手当は数千円

ITパスポートの資格取得で確実に給料がアップするのは資格手当がつく場合です。

 

金額は企業によって異なりますが、ITパスポートが資格手当の対象となっている会社の場合、だいたい数千円というのが相場です。

 

調べた限りでは、月5,000円ならかなり良いほうで、合格した時に受験料+一時金が数千円だけ払われるというところがほとんどです。

 

そもそも、IT系の企業でも資格手当がない会社もあるので、あるだけでも良いのかもしれません。

 

転職市場で活かす

資格手当ではあまり期待できないので、ITパスポートを年収アップにつなげるのであれば、転職時に活かすほうが可能性があります。

 

技術者としてのスキルアップを常に心がけているという姿勢のアピールとしてITパスポートを使うことです。

 

資格自体の難易度は高くないので、持っているだけで転職市場で評価されるということはありません。

 

ただし、会社の業務が終わってから自ら勉強していたという姿勢が評価されることがあります。

 

技術者にとって自らスキルアップを図る姿勢は大切です。会社から与えられたものではなく、自分で必要なものを見つけて勉強するという姿勢は転職市場でも評価されます。

 

そうした姿勢を証明するものとしてITパスポートは使えます。

 

転職市場をチェック

IT技術者への評価を知りたいなら ⇒ ピタジョブ | ぴったりが見つかる転職・就職・求人情報サイト

PR

ITパスポート取得で年収、給与はどのくらい上がるか?関連ページ

IT関連資格での位置づけ
ITパスポート試験の位置づけについて説明。ITパスポート試験は国家試験であることが特徴で、技術者だけでなく業務部門などITを活用する立場にある人も受験しています。
受験者数と合格率
ITパスポート試験の受験者数と合格率を掲載。ITパスポート試験は、22年度春期など50%を割り込んだときもありますが、基本的には50%以上の合格率となっています。
試験範囲
ITパスポート試験の試験範囲をストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系に分けて掲載。経営や法律に関する問題からプログラミングまで出題範囲は広いですが、どの分野も基本的な問題ばかりですので、試験の難易度は高くありません。
ITパスポート試験の価値はどのくらいか
ITパスポート試験の価値がどのくらいなのかについて現場での実務面などを含めてまとめています。技術力を示すものとしては弱い資格ですが、決して価値がないわけではありません。