ITパスポート試験用語

ITパスポート試験に2回以上出ている用語

出題回数 5回

WBS

出題回数 4回

DFD、ERP、E-R図、インシデント管理、データ中心アプローチ、データマイニング、リリース管理

出題回数 3回

BPR、DoS、ISDN、ISO 14001、ISP、PPM、RFP、意匠権、オブジェクト指向、ガントチャート、コンプライアンス、データモデリング、特許権、ファイアウォール、問題管理

 

続きはこちら

 

ITパスポート試験によくでる3文字略語

ASP会計ソフトなどアプリケーションをネット経由などで提供する事業者(Application Service Provider)のこと。
BPRBusiness Process Reengineeringの略。業務プロセスの改善、再構築を行うこと。
bpsbits per secondの略。データ転送速度の単位。1秒間に何ビット転送できるかを表す。
BSCバランススコアカードと呼ばれる経営を4つの視点(財務、顧客、業務プロセス、学習と成長)で捉える手法のこと。
CSF重要成功要因(Critical Success Factors)と呼ばれ、経営戦略を成功させるために重要なもののこと。

 

続きはこちら

 

ITパスポート試験によくでるカタカナ語

アーカイブ

複数のファイルをまとめてひとつのファイルに圧縮すること。圧縮技術に関する問題などで出題される技術用語。アーカイブするソフトのことをアーカイバという。
アウトソーシング 業務の一部を外部の企業に委託すること。企業戦略などに関する問題で出題される用語。
アカウンタビリティ 説明責任のこと。ITパスポート試験では経営者は利害関係者に対して会計に関する説明責任(アカウンタビリティ)を持っているといった文脈で用いられる。
アクセシビリティ 高齢者や障害者にも
アライアンス 企業間での提携のこと。経営戦略に関する問題などで出題される。

赤字は、これまでの試験で選択肢として複数回出題されたもの。)

 

続きはこちら

 

話題のオンラインブートキャンプ


ITパスポート試験によく出る用語記事一覧

ITパスポート試験に2回以上出ている用語

ITパストート試験では決まった用語が繰り返し出題される傾向にあります。例えば、21年度春期試験から24年度春期試験までの7回のテストでWBSという用語はのべ5回も選択肢として出てきています。他の試験と比べると、異常なほどの多さと言えます。こうした用語は意味を知らないと正解することができません。知って...

≫続きを読む

 

ITパスポート試験によく出る3文字略語

21年度春期試験から24年度春期試験までの7回のテストで選択肢として2回以上出題された三文字略語には下記のものがあります。ASP会計ソフトなどアプリケーションをネット経由などで提供する事業者(Application Service Provider)のこと。BPRBusiness Process R...

≫続きを読む

 

ITパスポート試験によく出るカタカナ語

ITパスポート試験ではカタカナ語が問題文や選択肢の中に数多く登場します。ストラテジ系からテクノロジ系まで試験範囲が広いだけに、苦手な分野だとまったく知らない用語があるかもしれません。用語については、その意味を知らないと正解を導き出すことができないので覚えておく必要があります。試験によく出るカタカナ語...

≫続きを読む

 

PR