ITパスポート試験の概要

ITパスポート試験の価値はどのくらいか

IT系の資格は公的な国家資格から民間資格までいろいろなものがありますが、そのなかでITパスポート試験は最も簡単なレベルに分類されます。

 

このためITパスポート試験の価値はSEやプログラマーなどの技術力をあらわすものとしては高くありません。ただし、だからと言って価値がないわけではありません。

 

ITパスポート試験の価値

ITパスポート試験は技術者だけでなく、ベンダー企業の営業やユーザ企業側の担当者なども受験する試験となっています。

 

このため、テクノロジ分野に関する問題だけでなく、ストラテジ、マネジメント分野も試験範囲に含まれています。これが実務面で役立ちます。

 

SEにしてもプログラマーにしても要件定義などで他の部門の人と話をすることが現場では良くあります。このときに技術者だからと言ってテクニカルな話ばかりするわけにはいきません。

 

ITパストート試験でいえば、マネジメント、ストラテジに関することも打合せでは出てきます。

 

IT業界で働くなら最低限知っておかないといけないことが試験範囲

ITパストート試験の範囲はIT業界で働くなら最低限知っておかないといけないことばかりです。この資格を持っていなくても、こうしたことを知っているのなら問題ありません。

 

ただ、ストラテジやマネジメントについて知らないことがあれば、どこかで勉強しなければなりません。それが効率的にできるのがITパスポート試験でもあります。

 

そうした意味で、ITパスポート試験は資格を持っていることに価値はありませんが、その勉強をすることには価値があると言えます。

 

PR

ITパスポート試験の価値はどのくらいか関連ページ

IT関連資格での位置づけ
ITパスポート試験の位置づけについて説明。ITパスポート試験は国家試験であることが特徴で、技術者だけでなく業務部門などITを活用する立場にある人も受験しています。
受験者数と合格率
ITパスポート試験の受験者数と合格率を掲載。ITパスポート試験は、22年度春期など50%を割り込んだときもありますが、基本的には50%以上の合格率となっています。
試験範囲
ITパスポート試験の試験範囲をストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系に分けて掲載。経営や法律に関する問題からプログラミングまで出題範囲は広いですが、どの分野も基本的な問題ばかりですので、試験の難易度は高くありません。
ITパスポート取得で年収、給与はどのくらい上がるか?
資格を取得することのメリットには自分のスキルを客観的に証明するということもありますが、より直接的に給料(年収)アップにつなげるということもあります。そこで、ITパスポートを取得すると、どのくらい給料が上がるのかについて調べてみました。