プログラマになるための社会人向けの勉強方法を紹介

プログラマになるための社会人向け勉強方法

第二新卒でIT業界を目指す場合など社会人になってからプログラマーになるための勉強を始める人が増えてきています。

 

プログラマでなくてもIT業界に就職することは可能ですが、選択肢が狭まります。プログラマとしても使えるとなると、転職市場などでかなり有利です。

 

プログラマになるに理系でなくても問題ありません。
むしろ、文系出身のプログラマのほうが多いぐらいです。

 

ただ、いずれにしても自分で勉強しなくてはならないことは変わりありません。

 

プログラマになるために必要な勉強

プログラミング能力は独学でも勉強することができます。
パソコンと専門書があれば、一通りのことは勉強できます。

 

ほんの数年前まではそうして勉強するのが一般的でした。IT企業に入社しても研究などはなく、自宅で本を読んで勉強したという人が少なからずいたものです。

 

いまでもこうした方法で勉強することは可能です。
ただし、独学だとちょっとしたことでつまずいてしまうことがあります。

 

例えば、開発環境の構築。コレが意外と厄介で、プログラムを組める環境を作るだけでイヤになってしまうこともあります。最初につまづくとやる気もなくなってしまうんですよね。

 

環境構築についても専門書に掲載されているのですが、IT用語に慣れていない段階だと、非常に難しいことのように感じてしまうことがあります。

 

オンラインを使ったプログラミング塾を活用

専門書による独学だけでは難しいと感じるのであれば、社会人向けのプログラミング塾を活用するのもアリです。オンラインを使って自宅で勉強できるものなども増えてきています。

 

本屋で専門書を立ち読みしてみて、自分で出来そうだなと思わないのであれば、最初はこうしたプログラミング塾を使うほうが効果的です。

 

自分では何日もかかっていたことが、塾で勉強したらほんの数時間で出来てしまったということもあります。特に最初の段階ではそうしたことが少なくありません。

 

専門書を使った独学はある程度、勉強が軌道に乗ってからのほうが効率的です。
うまくプログラミング塾と専門書による独学を使い分けてみてください。

 

社会人向けのプログラミング教室でオススメはコチラ

オンラインブートキャンプ 無料体験

PR