ITパスポート計算問題

損益分岐点に関する計算問題

損益分岐点に関する問題は、ITパスポート試験ではストラテジ系の問題として出題されます。基本的には損益分岐点がとは何かその算出方法さえ分かっていれば正解できます。

 

【例題】
次の損益計算資料を元に算出した損益分岐点の売上高は何百万円か。

売上高 4,000
変動製造費 1,400
変動販売費 600
固定費 800

 

過去問など詳細解説は ⇒ ITパスポート試験に出る損益分岐点

 

稼働率に関する計算問題

稼働率に関する問題は、ITパスポート試験ではテクノロジ系の問題として出題されます。稼働率に関してはMTBFMTTRと紛らわしい二つの指標も覚えなければなりませんが、これさえマスターすれば確実に得点できます。

 

【例題】
MTBFが600時間、MTTRが12時間である場合、稼働率はおよそ幾らか。
(ア)0.02
(イ)0.20
(ウ)0.88
(エ)0.98
(過去問 24年度春季試験 第70問テクノロジ系)

 

過去問など詳細解説は ⇒ ITパスポート試験に出る稼働率

二進数に関する計算問題

二進数に関する問題はITパスポート試験では定番です。仕組みさえしれば得点源にできる問題ですので確実に覚えておきましょう。

 

【例題】
2進数10110を3倍したものはどれか。
(ア)111010
(イ)111110
(ウ)1000010
(エ)10110000
(過去問 21年度春季試験 第64問テクノロジ系)

 

過去問など詳細解説は ⇒ ITパスポート試験に出る二進数

 

ITパスポート試験の計算問題記事一覧

ITパスポート試験に出る損益分岐点

損益分岐点に関する問題は、ITパスポート試験ではストラテジ系の問題として出題されます。基本的には損益分岐点がとは何かとその算出方法さえ分かっていれば正解できます。プログラマなど技術者にとっては、普段の業務では馴染みがない用語かもしれませんが、難しくはありません。むしろ、紛らわしい選択肢ないだけ得点し...

≫続きを読む

 

ITパスポート試験に出る稼働率

稼働率に関する問題は、ITパスポート試験ではテクノロジ系の問題として出題されます。稼働率に関してはMTBF、MTTRと紛らわしい二つの指標も覚えなければなりませんが、これさえマスターすれば確実に得点できます。計算問題といっても簡単な割り算だけです。こんな問題が出題されています。MTBFが600時間、...

≫続きを読む

 

ITパスポート試験に出る二進数

二進数に関する問題はITパスポート試験では定番で、テクノロジ系の問題として出題されます。二進数にアレルギーを持っている人もいるかもしれませんが、仕組みを知れば簡単です。基本的には10進数(一般的に使われているもの)に変換して考えれば解ける問題ばかりなので、知ってしまえばサービス問題になります。こんな...

≫続きを読む

 

PR