ITパスポート 過去問

ITパスポート試験の過去問分析に関するトピック

ITパスポート過去問からの出題傾向

  • ITパスポート試験の過去問をもとにそのような問題が出題されるかを分析。
  • 試験の大半を占める一問一答形式の問題は、大きく「計算問題」「用語問題」「内容問題」の3つに分類されます。

 

【ITパスポート 試験概要】

試験時間

165分(2時間45分)

問題数

全100問(問1〜問100全問必須)

出題形式

すべてマークシートによる四者択一(記述式なし)

問題形式

小問形式84問、中問形式16問

「過去問分析からの試験対策」など続きはこちら

 

ITパスポート試験に出る用語

  • ITパスポート試験の用語問題に出される選択肢を出題分野ごとに掲載。

 

【ストラテジ系の問題で出題された選択肢の例】

選択肢-1 選択肢-2 選択肢-3 選択肢-4
インダストリアルエンジニアリング コンカレントエンジニアリング バリューエンジニアリング リバースエンジニアリング
BPR DFD MRP WBS
BPR BSC CSF PPM
ASP ERP ISP SFA
グループウェア データマイニング プロセスモデリング ワークフロー
シェアウェア パーッケージソフトウェア パブリックドメインソフトウェア ユーティリティソフトウェア
TOB コーポレートガバナンス コンプライアンス リスクマネジメント
カンパニー組織 職能別組織 プロジェクト組織 マトリックス組織

 

続きはこちら

ITパスポート試験の過去問分析記事一覧

ITパスポート過去問からの出題傾向

試験時間 : 165分(2時間45分)問題数  : 全100問(問1〜問100全問必須)出題形式 : すべてマークシートによる四者択一(記述式なし)問題形式 : 小問形式84問、中問形式16問小問形式とは、一問一答形式の問題小問形式84問の内訳は、ストラテジ系29問、マネジメント系21問、テクノロジ...

≫続きを読む

 

ITパスポート試験に出る用語

ITパスポート試験では「…を何というか」「…の手法は何か」など説明されているものを表す用語を選ぶ問題がよく出題されます。過去問をもとにこうした問題を見てみると、いくつかに分類されることがわかります。一番多いのはモデル名や規格名などを選ばせる問題でテクノロジ系やマネジメント系でよく見られます。平成24...

≫続きを読む

 

PR