ITパスポート試験に独学でチャレンジ

ITパスポート試験情報

試験日について

ITパスポート試験は決められた特定の日時に会場に集まって受験する一般的な試験と異なり、試験を好きな日時に受けることができます。具体的には、受験申込時に空いている試験日の中から好きな日時を選ぶことができます。

 

試験日は受験する会場により異なり、土曜日曜でも会場によっては受験することができます。ただし、平日に比べて受験者が多いので、直前の予約だと空きがない場合があります。

 

合格率について

ITパスポート試験の合格率は、CBT形式になる前の23年度秋期試験では61.2%でした。その前も50%を割り込んだときもありますが、基本的には50%以上で推移しています。(合格率の詳細はこちらのページをご覧ください → ITパスポート試験の受験者数と合格率

 

主な人気記事

 

低い?高い?あなたの市場価値は…

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

ITパスポート試験オリジナル問題

ストラテジ系
CSRについての説明で正しいものを選べ

 

(ア)法令遵守のことで法令やモラルを遵守して企業活動を行うこと
(イ)企業の社会的責任のことで環境などにも配慮して企業活動を行うこと
(ウ)企業の内部統制のことで企業内での不正を監視、点検する仕組みのこと
(エ)情報公開のことで投資家に対し経営情報などを適切に開示すること

 

【応用問題】
CSR以外の選択肢は何についての説明か答えよ

 

解答はこちら

マネジメント系
インシデント管理に関する説明として正しいものを選べ

 

(ア)利用者からの使用方法の問い合わせや不具合の報告などを受ける窓口
(イ)サービス利用者と提供者のあいだで交わさせるサービス品質に関する合意
(ウ)障害などにより利用者が業務を継続できない状態から回復させるプロセス
(エ)ITサービスを運用していくためのノウハウをまとめたガイドライン

 

【応用問題】
インシデント管理以外の選択肢は何についての説明か答えよ

 

解答はこちら

PR