ITパスポート試験範囲

ITパスポート試験の試験範囲

ITパスポートの試験範囲は、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系の3つに分かれています。経営や法律に関する問題からプログラミングなど技術的な問題まで出題範囲は広くなっています。ただし、どの分野も基本的な問題ばかりですので、試験の難易度は高くありません。

 

おそらく何も勉強しなくても合格点が取れる分野もあると思います。(業務経験が豊富な方にとってはストラテジ系の問題は簡単に感じるでしょうし、技術者にとってテクノロジ系の問題は難しくないと思います。)

 

下記に、それぞれの分野の試験範囲をまとめましたので、まずは全体像を確認する参考にしてみてください。

 

ITパスポート(ストラテジ系)の試験範囲

大分類 中分類 試験内容
企業と法務 企業活動

・財務諸表や損益分岐点など財務、会計の基礎知識
・業務分析に関する手法(パレート図、PDCAサイクルなど)

法務

・著作権など知的財産権に関する知識
・不正アクセス禁止法などセキュリティ関連法規の知識
・コンプライアンスなど企業規範に関する知識

経営戦略 経営戦略
マネジメント

・SWOT分析など経営分析手法に関する知識
・SCMなど経営管理システムに関する基礎的な知識
・表計算ソフトやデータベースソフトの利用に関する知識

技術戦略
マネジメント

・技術開発に関する目的、意義などについて

ビジネスインダストリ

・POSシステムなど代表的なシステムの特徴
・電子商取引での代表的なシステムの特徴
・情報家電や組込みシステムに関する動向

システム
戦略
システム戦略

・情報システム戦略に関する意義や考え方について
・システムを活用した業務効率化の目的・意義について
・グループウェアなどツール類の効果的な利用方法について
・ソリューションビジネスに対する考え方
・代表的なモデリングの考え方について

システム企画 ・見積書、提案依頼書(RFP)などシステム発注に関する基本的な流れ

・現状分析などに基づく業務要件定義の目的について

 

ITパスポート(マネジメント系)の試験範囲

大分類 中分類 試験内容
開発技術 システム開発技術

・システム開発プロセスの基本的な流れについての知識
・システム開発における見積り手法

ソフトウェア開発管理技術

・代表的な開発手法についての意義や目的

プロジェクト
マネジメント
プロジェクト
マネジメント

・プロジェクトマネジメント全般に関する知識(考え方、プロセス、手法など)

サービス
マネジメント
サービス
マネジメント

・ITサービスマネジメントに関する知識
・サービスデスク(ヘルプデスク)に関する知識
・システム環境整備に関する考え方

システム監査

・システム監査に関する知識(意義、目的、対象など)
・システム監査の流れに関する知識
・内部統制、ITガバナンスに対する考え方

 

ITパスポート(テクノロジ系)の試験範囲

大分類 中分類 試験内容
基礎理論 基礎理論

・2進数の演算、基数に関する考え方
・集合、確率、統計に関する基礎的な知識
・ビット、バイトなど情報量の表し方

アルゴリズムと
プログラミング

・アルゴリズムとデータ構造の基本的な考え方
・HTMLなどマークアップ言語の基本的な使い方
・プログラミングの役割について

コンピュータシステム コンピュータ
構成要素

・コンピュータの基本的な構成と役割
・プロセッサ、メモリの特徴と役割
・入出力インターフェースの種類や特徴について

システム構成要素

・クライアントサーバシステムの特徴
・Webシステム、仮想化システムの特徴
・システムの性能、信頼性、経済性についての考え方

ソフトウェア

・OS の必要性、機能、種類、特徴についての知識
・オープンソースソフトウェア(OSS)の特徴
・バックアップの基本的な考え方について

ハードウェア

・コンピュータの種類と特徴について
・入出力装置の種類と特徴について

技術要素 ヒューマン
インターフェース

・GUI、メニューなどインタフェース設計についての知識
・Webデザイン、ユニバーサルデザインについて

マルチメディア

・JPEG、MPEG、MP3などについての特徴
・情報の圧縮についての知識

データベース

・データベース処理システムについての基本的な知識
・排他制御、リカバリ処理などデータベース処理について

ネットワーク

・代表的なプロトコルの役割について
・インターネットの特徴と基本的な仕組みについての知識
・電子メール、インターネットサービスの特徴について

セキュリティ

・生体認証など認証技術の種類についての特徴
・公開鍵暗号方式など暗号化技術の仕組みと特徴について

 

PR

ITパスポート試験の試験範囲関連ページ

IT関連資格での位置づけ
ITパスポート試験の位置づけについて説明。ITパスポート試験は国家試験であることが特徴で、技術者だけでなく業務部門などITを活用する立場にある人も受験しています。
受験者数と合格率
ITパスポート試験の受験者数と合格率を掲載。ITパスポート試験は、22年度春期など50%を割り込んだときもありますが、基本的には50%以上の合格率となっています。
ITパスポート試験の価値はどのくらいか
ITパスポート試験の価値がどのくらいなのかについて現場での実務面などを含めてまとめています。技術力を示すものとしては弱い資格ですが、決して価値がないわけではありません。
ITパスポート取得で年収、給与はどのくらい上がるか?
資格を取得することのメリットには自分のスキルを客観的に証明するということもありますが、より直接的に給料(年収)アップにつなげるということもあります。そこで、ITパスポートを取得すると、どのくらい給料が上がるのかについて調べてみました。