ITパスポート試験対策(ストラテジ系)

ストラテジ系試験範囲「企業と法務」の内容

ここでは経営分析財務分析といった経営コンサルタント的な知識法律に関する知識が問われます。コンサルタント的な知識といっても、ITパスポート試験で出題されるのは、用語の意味など基礎的な問題が多くを占めています。

 

用語の意味に関する問題以外では、損益分岐点の計算など決まったタイプのものが出題されるのも特徴です。

 

法律に関しても、知的財産権個人情報保護法など出題されるものは決まっています。

 

(参考)「企業と法務」の位置づけ

「企業と法務」はストラテジ系の3つの分類の中の一つにあたります。

この分野での必須知識

「企業と法務」で覚えておかなければならない知識は下記となります。

 

損益計算書の見方(上から下に計算する)

売上
↓ 売上原価を引く
売上総利益
↓ 販売費および一般管理費を引く
営業利益
↓ 営業外収益を足し、営業外費用を引く
経常利益
↓ 特別利益を足し、特別損失を引く
税引き前当期純利益
↓ 法人税など税金を引く
当期純利益

 

損益分岐点売上高の計算方法
損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ ( 1 − 変動費率 )

 

知的財産権一覧

知的財産権

産業財産権

特許権

実用新案権

意匠権

商標権

著作権

著作者人格権

著作者財産権

営業秘密(トレードシークレット)

試験によく出る用語一覧

「企業と法務」分野でITパスポート試験によく出る用語には下記のようなものがあります。

【企業活動】
CSR、コンプライアンス、コーポレートガバナンス、ゴーイングコンサーン、ディスクロージャ、ステークホルダ、ブレーンストーミング、損益分岐点

【法務】
知的財産権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、クロスライセンス、ISO 9000、ISO 14000

紛らわしい用語

「企業と法務」分野での紛らわしい用語には下記のものがあります。

 

CEO 最高経営責任者 Chief Exective Officde
COO 最高執行責任者 Chief Operating Officde
CFO 最高財務責任者 Chief Financial Officde
CIO 最高情報責任者 Chief Information Officde

※ITと関係が深いのはCIOだが、この分野の試験では他も選択肢として出題されます。

 

ROA 純資産利益率 Return On Assets
ROE 自己資本利益率 Return On Equity
ROI 投下資本収益率 Return On Investment

※システムの費用対効果として用いられるのがROI

 

PR

ITパスポート試験範囲「企業と法務」の試験対策関連ページ

「経営戦略」の対策
ITパスポートの試験範囲となっているストラテジ系の経営戦略について、内容、この分野での必須知識、試験によく出る用語一覧、紛らわしい用語などを掲載。
「システム戦略」の対策
ITパスポートの試験範囲となっているストラテジ系のシステム戦略について、内容、この分野での必須知識、試験によく出る用語一覧、紛らわしい用語などを掲載。
「開発技術」の対策
ITパスポートの試験範囲となっているマネジメント系の開発技術について、内容、この分野での必須知識、試験によく出る用語一覧などを掲載。
「プロジェクトマネジメント」の対策
ITパスポートの試験範囲となっているマネジメント系のプロジェクトマネジメントについて、内容、この分野での必須知識、試験によく出る用語一覧、紛らわしい用語などを掲載。