ITパスポートよりも稼げるIT系資格はコレ

ITパスポートよりも稼げるIT系資格は?

資格としてのITパスポートの位置づけはIT系資格の中では入門編といったものですので、なかなかコレだけで稼げるというわけではありません。

 

ITパスポートに対して、スキルアップ奨励として資格手当や合格一時金を出している会社はあるかもしれませんが、あまり多い金額は期待できません。

 

ただ、IT系の資格の中には稼げるものももちろんあります。
どんなものが稼げる資格なのかまとめたので参考にしてみてください。

 

ベンダー系の資格で即戦力であることを証明

IT系の場合、国家資格だけでなく民間のいわゆるベンダー資格も充実しています。現場レベルではこちらのほうが一般的に評価される傾向にあります。

 

例えば、データベース系であればオラクルマスターなど。

 

こうした特定の製品に対しての資格のほうが実戦的なスキルが問われるので、即戦力であることを証明してくれるものです。その結果、資格手当なども期待できます。

 

また、こうした資格は転職市場で評価される傾向にあります。

 

最低限のスキルは保障されているという意味で面接までは進みやすくなります。資格があれば即採用ということはなくても、かなりのアドバンテージです。

 

また転職支援会社でもこうした資格を持っている人に対しては高条件の案件を紹介してくれるものです。そうした意味で稼げる資格ともいえます。

 

IT系でない稼げる資格は?

IT系ではありませんが外資系に転職する際に役立つのがTOEICです。
同じ仕事でも外資系だと給与ベースが高いのが一般的です。

 

その意味で、TOEICの高スコアも稼げる資格と言えます。
外資系だからと言って必ずしも業務で英語を使ってるわけではありません。

 

普段の業務は日本語で、年に一回のレポートだけ英語で提出といったところも少なくありません。それすらないところもあったりします。

 

ただ、英語のポテンシャルは採用基準にあるのでTOEICが有効というわけです。
こちらも稼げる資格としてチェックしておいてください。

PR