過去問から作ったITパスポート試験問題(マネジメント系)

過去問から類似問題を作成(ITパス試験マネジメント系)

ITパスポート試験マネジメント系の過去問から類似問題を作成しました。過去に選択肢として出題された用語が答えとなるような問題になっています。

 

本番の試験は四択形式ですが、実力チェックのため一問一答形式にしています。
何問かある中からランダムに出題されるので、くり返し使ってみてください。

 

ITパスポート試験問題(マネジメント系)

問題解答
停電発生時に電源を供給する装置をアルファベット3文字で何という?UPS
PERT図とも呼ばれる作業の関連と流れを矢印で表したものを何という?アローダイアグラム
アジャイル開発で繰り返す短い工程の単位のことをカタカナで何という?イテレーション
発生した障害から速やかに復旧させるために行う管理を( )管理という。インシデント
要件定義から始め順番に詳細化、具体化していく開発手法は?ウォータフォールモデル

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

別の問題で再チャレンジ

ココをクリックすると問題が再作成されます

何回も挑戦してみてください。

 

ITパスポート試験問題(マネジメント系)一覧

No問題解答
1電圧を位一定に保持する自動電圧調整器のことをアルファベット3文字で何という?AVR
2ITサービスマネジメントのフレームワークをアルファベット4文字何という?ITIL
3提案依頼書のことをアルファベット3文字では何という?RFP
4サービス利用者と提供者のあいだでのサービス品質に関する合意をアルファベット3文字で何という?SLA
5停電発生時に電源を供給する装置をアルファベット3文字で何という?UPS
6PERT図とも呼ばれる作業の関連と流れを矢印で表したものを何という?アローダイアグラム
7アジャイル開発で繰り返す短い工程の単位のことをカタカナで何という?イテレーション
8発生した障害から速やかに復旧させるために行う管理を( )管理という。インシデント
9要件定義から始め順番に詳細化、具体化していく開発手法は?ウォータフォールモデル
10縦軸に項目、横軸に日程を記述した作業管理で使われるものを( )チャートという。ガント
11作業経路の中で最も日数のかかる経路のことを何という?クリティカルパス
12トップダウンテストにて使用する下位モジュールの代わりのものを何という?スタブ
13プロジェクトの遂行に影響を与える利害関係者をカタカナで何という?ステークホルダ
14ボトムアップテストにて使用する上位モジュールの代わりのものを何という?ドライバ
15ソフトウェアの持つ機能から開発規模を見積もる手法は?ファンクションポイント法
16最初に試作品を作成して、開発を進めていく手法は?プロトタイプモデル
17モジュールの内部のロジックが正しいかを確認するテストを何という?ホワイトボックステスト
18スケジュール管理のために設定する中間目標のことを何という?マイルストーン
19試作品を作りながら開発を進める手法でRADと略される手法を( )開発という。ラピッドアプリケーション
20セキュリティの三要素とは、機密性と完全性とあとひとつは?可用性
page top