ITパスポート試験用語

ITパスポート試験に2回以上出ている用語

出題回数 5回

WBS

出題回数 4回

DFD、ERP、E-R図、インシデント管理、データ中心アプローチ、データマイニング、リリース管理

出題回数 3回

BPR、DoS、ISDN、ISO 14001、ISP、PPM、RFP、意匠権、オブジェクト指向、ガントチャート、コンプライアンス、データモデリング、特許権、ファイアウォール、問題管理

 

 

ITパスポート試験によくでる3文字略語

ASP会計ソフトなどアプリケーションをネット経由などで提供する事業者(Application Service Provider)のこと。
BPRBusiness Process Reengineeringの略。業務プロセスの改善、再構築を行うこと。
bpsbits per secondの略。データ転送速度の単位。1秒間に何ビット転送できるかを表す。
BSCバランススコアカードと呼ばれる経営を4つの視点(財務、顧客、業務プロセス、学習と成長)で捉える手法のこと。
CSF重要成功要因(Critical Success Factors)と呼ばれ、経営戦略を成功させるために重要なもののこと。

 

 

ITパスポート試験によくでるカタカナ語

アーカイブ

複数のファイルをまとめてひとつのファイルに圧縮すること。圧縮技術に関する問題などで出題される技術用語。アーカイブするソフトのことをアーカイバという。
アウトソーシング 業務の一部を外部の企業に委託すること。企業戦略などに関する問題で出題される用語。
アカウンタビリティ 説明責任のこと。ITパスポート試験では経営者は利害関係者に対して会計に関する説明責任(アカウンタビリティ)を持っているといった文脈で用いられる。
アクセシビリティ 高齢者や障害者にも
アライアンス 企業間での提携のこと。経営戦略に関する問題などで出題される。

赤字は、これまでの試験で選択肢として複数回出題されたもの。)

 

 


詳しくはこちらから ⇒ 世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

page top