ITパスポート試験対策

ITパスポート試験の試験対策

ITパスポートの試験対策をストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系それぞれ試験範囲となっているシラバスの分類に沿って記載しています。

 

企業と法務

ここでは経営分析や財務分析といった経営コンサルタント的な知識と法律に関する知識が問われます。コンサルタント的な知識といっても、ITパスポート試験で出題されるのは、用語の意味など基礎的な問題が多くを占めています。

つづきはこちら ⇒ 企業と法務の試験対策

 

経営戦略

システム構築の目的は業務効率化や売上増などがありますが、最終的にはビジネスに貢献することです。その点で経営戦略をシステム構築は密接な関係にあります。

 

つづきはこちら ⇒ 経営戦略の試験対策

 

システム戦略

「経営戦略を実現するためにいかにシステムを活用するのか」というのが、このシステム戦略でのテーマです。このため試験問題としては、ITサービス(ASP、SaaS、SFA、SCM、CRM、ERPなど)に関する知識や、システム定義、要件定義の手法が問われます。

 

つづきはこちら ⇒ システム戦略の試験対策

 

開発技術

開発技術と聞くとテクノロジ系の問題かと錯覚しますが、ITパスポート試験範囲における開発技術というのは、開発プロセスに関連する技術という位置づけになっています。具体的には、ソフトの開発手法やテスト手法に関するものや、その前段階となる見積もり手法が対象となっています。

 

つづきはこちら ⇒ 開発技術の試験対策

 

プロジェクトマネジメント

ここではその名称のとおりプロジェクトマネジメントに関する知識(どのようなプロセスがあるか、どのような手法があるか等)が試験範囲となっています。

 

つづきはこちら ⇒ プロジェクトマネジメントの試験対策

 

page top