ITパスポート計算問題

ITパスポート試験に出る二進数

二進数に関する問題はITパスポート試験では定番で、テクノロジ系の問題として出題されます。二進数にアレルギーを持っている人もいるかもしれませんが、仕組みを知れば簡単です。基本的には10進数(一般的に使われているもの)に変換して考えれば解ける問題ばかりなので、知ってしまえばサービス問題になります。

 

こんな問題が出題されています。

2進数10110を3倍したものはどれか。
(ア)111010
(イ)111110
(ウ)1000010
(エ)10110000
(過去問 21年度春季試験 第64問テクノロジ系)

試験対策として覚えておくべきポイント

  • 「0」と「1」のみで数値をあらわすのが2進数
  • 「0」から「9」までを使って数値をあらわすのが10進数(一般的に使われている数字)
  • 10進数が10で桁上がりするのに対し、2進数は2で桁上がりする
  • 「2」を2進数であわらすと「10」
  • 2進数のほかに8進数、16進数(0〜F)もある

2進数から10進数への変換方法

(例:過去問の問題文にある「10110」を変換)

 

(1)2進数を書き出す → 10110

 

(2)書き出した2進数の上に2の倍数を記入していく(一桁目は1とする)

2の倍数を記入 16 8 4 2 1
書き出した2進数 1 0 1 1 0

 

(3)2進数で「1」となっているところの数字を足す

 

→ 16 + 4 + 2 = 22(これが10進数に変換した値)

 

 

ITパスポート試験のおすすめ勉強方法

ITパスポート試験の合格には「短期間で集中して勉強すること」と「ストラテジ、マネジメント、テクノロジの各分野をバランスよく勉強すること」がポイント。
その点で、標準学習期間が1ヶ月に設定されていて、各分野ごとの正答率がチャート図で確認できる下記の講座なんかがオススメです。
ヒューマンアカデミー「ITパスポート試験対策教材・問題集」

PR

ITパスポート試験に出る二進数関連ページ

損益分岐点
損益分岐点に関する問題は、ITパスポート試験ではストラテジ系の問題として出題されます。基本的に算出方法さえ分かっていれば正解できるので確実に得点源にしておきたい問題の一つです。
稼働率
稼働率に関する問題は、ITパスポート試験ではテクノロジ系の問題として出題されます。稼働率に関してはMTBF、MTTRと紛らわしい二つの指標も覚えなければなりませんが、これさえマスターすれば確実に得点できます。