ITパスポート過去問分析

ITパスポート試験での用語問題

ITパスポート試験では「…を何というか」「…の手法は何か」など説明されているものを表す用語を選ぶ問題がよく出題されます。過去問をもとにこうした問題を見てみると、いくつかに分類されることがわかります。

 

一番多いのはモデル名や規格名などを選ばせる問題でテクノロジ系やマネジメント系でよく見られます。平成24年春季試験でみると下記のような選択肢です。

問38(問題文省略) ア.CMMI、 イ.ISMS、 ウ.ISO 14001、 エ.JIS Q 15001
問53(問題文省略) ア.cookie、イ.CSS、 ウ.CUI、 エ.SSL
問64(問題文省略) ア.AVI、 イ.BMP、 ウ.MIDI、 エ.MP3

カンの良い人なら問題分も想像できるのではないでしょうか。

 

次に多いのが英語の省略語を選ばせる問題でストラテジ系で出題されます。

問06(問題文省略) ア.BPR、 イ.DFD、 ウ.MRP、 エ.WBS
問19(問題文省略) ア.BPR、 イ.BSC、 ウ.CSF、 エ.PPM

よく見てもらえば分かりますが、どちらの問題にもBPRが選択肢に含まれています。

 

このように出る用語は決まっているので、しっかり覚えておけば一つの用語で2度(2問)オイシイということもあります。ちなみに、BPRとはBusiness Process Reengineeringの略で、業務効率改善のために、既存の組織や業務フローを全面的に見直して再構築することです。

 

他には仕事の進め方や手法に関する問題もマネジメント系で出題されます。
選択肢だけ羅列すると、「WBS」「ガントチャート」「特性要因図」「パレート図」「ウォークスルー」「クリティカルパス法」「ブレーンストーミング」など。

 

下記に平成24年春季試験で用語問題として出題されたものの選択肢一覧をまとめましたので参考にしてみてください。

「用語問題」での選択肢一覧

カテゴリ 選択肢-1 選択肢-2 選択肢-3 選択肢-4
ストラテジ系 インダストリアルエンジニアリング コンカレントエンジニアリング バリューエンジニアリング リバースエンジニアリング
BPR DFD MRP WBS
BPR BSC CSF PPM
ASP ERP ISP SFA
グループウェア データマイニング プロセスモデリング ワークフロー
シェアウェア パーッケージソフトウェア パブリックドメインソフトウェア ユーティリティソフトウェア
TOB コーポレートガバナンス コンプライアンス リスクマネジメント
カンパニー組織 職能別組織 プロジェクト組織 マトリックス組織
マネジメント系 WBS ガントチャート 特性要因図 パレート図
DFD WBS 状態遷移図 リスク分析シート
ウォークスルー クリティカルパス法 シミュレーション ブレーンストーミング
CMMI ISMS ISO 14001 JIS Q 15001
ISO 14001 ISO 27001 ITIL JIS Q 15001
サーバラック ハブ ファイアウォール ルータ
インセンティブ コンピテンシ コンプライアンス コンフリクト
テクノロジ系 cookie CSS CUI SSL
CASL Fortran Perl SQL
AVI BMP MIDI MP3
DNS FTP SMTP Web
ATA NAS RAID SCSI
FTTH ISDN TCP/IP Wi-Fi
bps dpi fps Hz

 

200万人の年収データが分かるサイト

200以上の職種別、10段階以上の年齢別の年収データが分かるので自分の市場での価値が分かります。自分の「売り時」を逃さないためにもチェックしておきましょう。

 

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

PR

ITパスポート試験に出る用語関連ページ

出題傾向
ITパスポート試験の過去問をもとにそのような問題が出題されるかを分析。ITパスポート試験の大半を占める一問一答形式の問題を分析すると、大きく「計算問題」「用語問題」「内容問題」の3つに分類されます。