第二新卒を積極的に採用している業界は

第二新卒を積極的に採用している業界は

既卒や第二新卒の就職活動も広がってきましたが、業界によって採用へのハードルが違います。積極的に第二新卒を採用している業界もあれば、まったく採用しないところもあります。

 

そこで、第二新卒を積極的に採用しているIT業界の特徴について調べてみました。

 

プログラマ、システムエンジニアだけではないIT関連職

IT業界の職種というとプログラマやシステムエンジニアが思い浮かぶと思います。

 

そうした仕事だとパソコンに詳しくないからといって敬遠してしまうかもしれませんが、IT業界にはほかの職種もあります。例えば、デザイナー営業職企画職など。

 

IT業界自体が新しい業界で、会社も新しいところがほとんどなので、すべての職種で人が足りていないという状況です。

 

このため第二新卒や既卒も積極的に受け入れているというわけです。

 

IT業界から第二新卒で評価される人物像

ただし、採用である以上、誰でもいいというわけではありません。
そうした会社もないわけではありませんが、一般的ではありません。

 

第二新卒でも評価される人物とそうでない人物がいます。IT業界だけにパソコンなどに詳しいかどうかと思いがちですが、そんなことはありません。

 

むしろ、パソコンに詳しい人物は嫌われる傾向にすらあります。というのも、趣味でパソコンに詳しいというレベルでは仕事にほとんど役立たないからです。

 

第二新卒ではやる気を重視

それよりも重視されるのは熱意(やる気)です。
ITのことを勉強しようという気持ちがあれば評価してもらえます。

 

こうした気持ちを面接で評価してもらうのは難しいのですが、アピールする材料となるのがITパスポートなどの資格です。

 

こうした資格を持っているということは採用前からITについて勉強している証しになります。その行動力を企業側は評価するというわけです。

 

パソコンに詳しくなくても取れるのがITパスポートですので、第二新卒でIT業界を目指している人は取得してみてください。

 

既卒、フリーターから就職を目指している人は必見の情報アリ

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

PR